動画マガジン

サイバープロモートムービースタッフによる動画マガジン

2016年1月7日

こんばんは。
デザイナーの町田です。

弊社が去年の年末に行った、神奈川県タクシー協会様へのプレゼンの様子が、新聞に取り上げられていました!
結構長めなプレゼンだったのですが、あの内容をそのまま文字にするなんて、やっぱりライターさんってすごいなと、社長と話していました。
今年春よりこの事業は開始するのですが、楽しみで仕方ないです。シビれます。

今、「人間の分際」という本を読んでいるのですが、一つの考え方としてとっても面白いです。
まだ読んでいる途中ですが、面白いと思ったところを抜粋していきます。著作権的なところはよく分からないので、少し変えています。

為せば成るというなら、何故、命を賭してまで戦った大東亜戦争で日本は敗北したのか?何よりも大切な我が子の命を差し出したというのに、それでも勝てなかった。

分際とは身の程ということだ。財産でも才能でも、自分に与えられた量や質の限度を知りなさい。

ほとんどすべてのことに、努力でなしうる限度がある。大志を抱くのも良いが、抱かないのも賢さなのだ。

裏表のある人こそ人間らしい。裏表の実態を知る時、改めて人間の哀しさと優しさを知るであろう。明確な裏表が何を意味するかを知りつつそれに従う時、初めて精神を持った「人間」になる。

恐ろしいことにこれが正しいとは思いませんが、間違いだとも思えません。
私が今置かれている状況で読んではいけない本だったかもしれません。(笑)
ここで私が思うのは、為せば成る、その後に続く「為さねば成らぬ何事も」ってところが大切なのだと思います。

以前社長と飲んでいるときに話してくれた「ノミとコップの話」を何故か思い出しました。

まだほんの数ページしか読んでいないので、最後まで読んでその真意を汲み取ろうと思います。

おわり

よく読まれている関連記事

顔写真 ご相談無料
お気軽にお問い合わせください。
TEL : 03-6225-0652
TOPへ戻るボタン