動画マガジン

サイバープロモートムービースタッフによる動画マガジン

2017年10月29日

「タービュレントディスプレイス」後編!2Dエレメント風な炎を表現しよう!

Turbulent-Displace_ae_02

こんばんは。前澤です。

本日は前編に続き、タービュレントディスプレイスを使って炎と水を表現しましょう!

まずは炎から。
前回と全く同じこのような円のアニメーションを組んでみます。
ae_td_01_01
色をはっきりとしたオレンジに変えて、
グローとタービュレントディスプレイスの「スムースツイスト」をかけてみます。
Turbulent-Displace_02
この上に濃いめの黄色でまったく同じものを複製します。
Turbulent-Displace_03
こうすると、オレンジのグロー色を持った黄色のタービュレントを作り出すことができますね。
散り際にほっそりとオレンジが残るのもいい感じです。

さらに一番上には黒を混ぜたブラッドオレンジに色を変えてスケールを80%に落としてみましょう。
このレイヤーを「乗算」に変えるのがポイントです。
通常に比べてエッヂ部分か若干ボケるので、炎っぽさが増します。
Turbulent-Displace_04
このままでも充分炎らしいですが、
一番上に調整レイヤーをかけて、グローを加えてみます。
すると、黄色がさらに強く発光して、中心が白飛びします。
これがさらに炎っぽさを引き立てます。
Turbulent-Displace_05
いかがでしたでしょうか?
皆さんもぜひ試してみてください!

よく読まれている関連記事

顔写真 ご相談無料
お気軽にお問い合わせください。
TEL : 03-6225-0652
TOPへ戻るボタン