動画マガジン

サイバープロモートムービースタッフによる動画マガジン

2018年7月20日

映像制作会社が使っている制作ツール第2弾(編集機材篇)

edit_soft

映像制作会社が使っている制作ツールを第2弾。

編集機材篇です。

映像クリエイターになりたい・・・。

なんていう人に機材投資の目安になればと思います。

■PC<20~50万クラス>

基本、映像制作における編集はハイスペックのPCが必要になります。

グラフィックボード(ビデオカード)が入っていないPCだと

ほとんど動かない、PCがフリーズします。

代表的なグラフィックボードは

NVIDIA GeForce
AMD Radeon

等でしょうか。

必ずPCを買う際に、店員さんに映像編集をしたい旨を伝えて

購入してください。

価格の目安として、20万円オーバーのものであれば

大体大丈夫かと思います。

■編集ソフト<サブスクリプション制/5万円~>

代表的なソフトは以下です。

●Adobe Premiere Pro CC(WINDOWS/MAC)
●EDIUS PRO(WINDOWS)
●FINAL CUT(MAC)

数年前まではほとんどみんなFINAL CUTでした。
MAC環境がベースだったからです。

しかし、今ではWindows環境での編集が非常に増え、
WINDOWSとMACを併用するパターンも増えたことから、
両方で動く、ADOBE製品をベースにしている制作会社も多いと思います。
サブスクリプションのため、安価ではじめることも可能です。

また、写真加工のAdobe Photoshop、イラスト制作のAdobe Illustratorは
TELOPを作ったり、グラフィックを挿入したりと活躍するので、マストで使います。

互換性を考えると、これからはじめる方にはADOBE系でまとめて、

Premiereをおススメします。

また、CGで多用するソフトウェアは基本2DベースのAdobe After Effects。

3DになるとオートデスクのMAYA、3ds Max等、深い世界があります。

更にソフトウェアを更にパワーアップするための外部プラグインを入れると、

投資額は100万単位になってしまうため、まずは編集ソフトでできる限りを

やってみることが大切です。

そこをある程度クリアーしたら、どんどんNEXT STEPが出てくる感じかと思います。

不定期でTIPSも紹介しているので、たまにチェックいただけたら幸いです。

映像ディレクターの高瀬でした。

よく読まれている関連記事

顔写真 ご相談無料
お気軽にお問い合わせください。
TEL : 03-6225-0652
TOPへ戻るボタン